研究テーマ過去の経験とビジネス科学コースの特色から考えて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数344
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     研究テーマ 過去の経験とビジネス科学コースの特色から考えて、これからの研究テーマを「ゲーム産業分析」にすることを決めた。
    研究の目的 日本の専用機ゲームメーカーがオンラインゲーム市場に参入するために、ビジネスモデルの再構築方法を見つけ出すこと。
    研究の概要 一口に「ゲーム」といっても、実際にいろいろな種類が含まれている。大きく分けると、PC(パソコン)ゲームと専用機(プレステーションなど)ゲームの二つである。20世紀80年代のファミコン(任天堂)から、日本メーカーは専用機ゲーム市場において圧倒的な優位であり、それに応じるゲームソフトの開発力も世界一である。しかし、90年代に入ってから、専用機ゲーム市場全体に行き詰まりが進んでいる。特に94年以降、参入企業は増え続けるものの、企業のライフサイクルは短くなり、結局売り上げが上位企業へ集中してしまい、寡占化が進みつつある。日本では市場規模が縮小し、新規参入のチャンスもなくなり、新しいゲーム分野を模索している。
    一方、専用機ゲームソフト市場が頭打ち傾向の中、米国、韓国ゲームメーカーはオンラインゲームと言う新しいゲーム分野を見つけ出し、大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。