中国共産党の中国国民党内部での情報操作、工作活動について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数519
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1917年、ロシア革命によってソビエト政府が樹立されると、ソビエト政権はマルクス・レーニン主義の宣伝、共産党勢力の拡大に励んだ。レーニンは、一挙に世界革命を実現しようとし、そのねらいはヨーロッパに向けられたが、しかしこれに失敗すると、こんどは一転してアジアを目指した。その最大の目標が中国であった。政情が不安定な中国は、ソ連が共産主義の種を撒くには、じつに好都合な地であったのである。このレポートでは、1927年国共分離するまでに、中国共産党とその背後にあったソ連がいかにして中国国民党内部で情報操作、工作活動を行ったかについて記述したい。彼らの活動は情報活動に留まらないものであるが、ソ連の後押しが常に背後にあったことに注目したい。

    中国共産党の成立には、背後にソ連の動きと中国国内における陰謀の数々があった。中国共産党は、ソ連の作り出したものであった。ソ連共産党は、まず国民党の機関を通じて労働者、農民たちを組織し、国民党の名を借りてその階級闘争を隠した。その目的は中国国民革命の独立した戦いの過程において、ソ連の傀儡政権を作りあげ、中国をアジアの衛星国とするためであった。
    1919年3月、ソ連はモスクワに世界各国の共産党代表を招集し、ソ連共産党を頭とする共産革命輪出機関、コミンテルン(第三インターナショナル)を成立させた。以後、ソ連の世界共産化工作は、各国の共産党を動かし、いっそう組織的・積極的に進められるようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「中国共産党の中国国民党内部での情報操作、工作活動について」
    1917年、ロシア革命によってソビエト政府が樹立されると、ソビエト政権はマルクス・レーニン主義の宣伝、共産党勢力の拡大に励んだ。レーニンは、一挙に世界革命を実現しようとし、そのねらいはヨーロッパに向けられたが、しかしこれに失敗すると、こんどは一転してアジアを目指した。その最大の目標が中国であった。政情が不安定な中国は、ソ連が共産主義の種を撒くには、じつに好都合な地であったのである。このレポートでは、1927年国共分離するまでに、中国共産党とその背後にあったソ連がいかにして中国国民党内部で情報操作、工作活動を行ったかについて記述したい。彼らの活動は情報活動に留まらないものであるが、ソ連の後押しが常に背後にあったことに注目したい。
    中国共産党の成立には、背後にソ連の動きと中国国内における陰謀の数々があった。中国共産党は、ソ連の作り出したものであった。ソ連共産党は、まず国民党の機関を通じて労働者、農民たちを組織し、国民党の名を借りてその階級闘争を隠した。その目的は中国国民革命の独立した戦いの過程において、ソ連の傀儡政権を作りあげ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。