幼児虐待と家庭内暴力−問題の背景と解決策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,375
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題の背景
    1.なぜ虐待や暴力が起こるのか
     虐待や暴力というのは、「攻撃」の一形態である。攻撃はたいてい強者が弱者に加えるものと決まっている。児童や老人など、「力」の弱いものがその被害者になりやすいのである。では、強者が弱者に「攻撃」を加えるのはなぜだろう?動物の世界では、ライオンの子が母親の再婚相手の雄に噛み殺されたり、鳥のヒナで先に卵からかえったヒナが、後からかえった兄弟のヒナを巣から突き落とすといった、生態本能に基づく「攻撃」が見られる。
     しかし、人間の場合はどうだろうか?確かに、母親の再婚相手の男性に、(あるいは、その逆として、父親の再婚相手の女性に)幼児・児童が虐待を受けるといったケースはよく見られるが、再婚したすべての家庭に共通するものではなく、本能的な行動ではないようである。また、幼児虐待だけでなく、中学生・高校生の家庭内暴力、夫婦間の暴力などについても、同じことがいえるであろう。
     では、問題の背景にあるものは何であろうか。少し考えてみよう。そもそも、人間誰しも心穏やかなときに人を攻撃し、傷つけようとは思わないであろう。人を攻撃しようとする背景には、加害者にそれなりの心の乱れがあるものと思われるのである。
     たとえば、日々の生活の中で生じるさまざまなストレスや葛藤が、加害者の気持ちを不安定にし、またそのストレスを自分自身の中で解消できない場合、そのいらだちを、子供や、自分より弱いものに向けて、その形を「暴力」というものに変えて、発散するといった具合ではないだろうか。
    2.ストレスの要因は何か
     ストレスの要因は、人それぞれ種々多様であり、時代によっても異なるものと思われる。昔は、貧困が大きな要因になっていたようである。「間引き」や「捨て子」など、貧困で家族全員が飢え死にするのを避けるためには、やむをえない行動だったのかもしれない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児虐待と家庭内暴力-問題の背景と解決策
    問題の背景
    なぜ虐待や暴力が起こるのか
    虐待や暴力というのは、「攻撃」の一形態である。攻撃はたいてい強者が弱者に加えるものと決まっている。児童や老人など、「力」の弱いものがその被害者になりやすいのである。では、強者が弱者に「攻撃」を加えるのはなぜだろう?動物の世界では、ライオンの子が母親の再婚相手の雄に噛み殺されたり、鳥のヒナで先に卵からかえったヒナが、後からかえった兄弟のヒナを巣から突き落とすといった、生態本能に基づく「攻撃」が見られる。
    しかし、人間の場合はどうだろうか?確かに、母親の再婚相手の男性に、(あるいは、その逆として、父親の再婚相手の女性に)幼児・児童が虐待を受けるといったケースはよく見られるが、再婚したすべての家庭に共通するものではなく、本能的な行動ではないようである。また、幼児虐待だけでなく、中学生・高校生の家庭内暴力、夫婦間の暴力などについても、同じことがいえるであろう。
    では、問題の背景にあるものは何であろうか。少し考えてみよう。そもそも、人間誰しも心穏やかなときに人を攻撃し、傷つけようとは思わないであろう。人を攻撃しよう..

    コメント2件

    aba713 購入
    とても役に立ちました。知識高まったぁ↑
    2006/01/15 17:18 (10年11ヶ月前)

    tomohito1211 購入
    参考になりました
    2007/01/22 14:13 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。