遺伝子組み換え作物とその影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数675
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私たちの周りには様々な科学技術があふれており、その技術はいまや、食料品業界にも進出している。そのなかで、現在注目を集めているものに、遺伝子組み換え食物がある。遺伝子組み換え作物とは「遺伝子組み換え技術を用いて開発された農作物と、それを加工した食品」を指します。
    ●遺伝子組み換え食品の危険性
     遺伝子組み換え食品はその安全性が論争の的となっています。なぜなら、遺伝子組み換え食品はその名のとおり遺伝子の組み換えが行われており、この技術が確立されてからそれほど時間がたっていないため、その食品を食べることによる人体への害が明確に分かっていないからです。
     また、そのような植物が一般環境下に出されることで既存の生態系を乱す可能性もあり、遺伝子組み換えでは予期しない副産物を作る作物が出るという不安もあります。
     このように遺伝子組み換え作物はいくつかの問題を抱えているが、実際にこのような作物が市場に出回っている以上、そのような作物に対する予防線を張らなければならない。
    そこでこれらの食品は農水省と厚生労働省がその承認を行っています。
     農水省は国内作付けと家畜の飼料として認めるかどうかを、厚生労働省は食品として認めるか否かを判断して承認します。
    ・承認の目安
    1.導入された遺伝子が新たに作り出すタンパク質が人体に安全かどうか
    2.新たに作り出されるタンパク質にアレルギーを引き起こす作用がないか
    3.目的遺伝子とともに導入されることの多い抗生物質耐性遺伝子が作り出す酵素が、人体に影響しないかどうか
    これまでに厚生省が安全性を確認し、国内で流通している遺伝子組み換え作物は、トウモロコシ、大豆、ジャガイモ、なたね、わたの五つであるが、これらの作物は全て、国内自給率が低く、輸入に頼っているものばかりです。大豆の自給率は4%、トウモロコシやナタネは1%をきっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝子組み換え作物とその影響
    私たちの周りには様々な科学技術があふれており、その技術はいまや、食料品業界にも進出している。そのなかで、現在注目を集めているものに、遺伝子組み換え食物がある。遺伝子組み換え作物とは「遺伝子組み換え技術を用いて開発された農作物と、それを加工した食品」を指します。
    ●遺伝子組み換え食品の危険性
    遺伝子組み換え食品はその安全性が論争の的となっています。なぜなら、遺伝子組み換え食品はその名のとおり遺伝子の組み換えが行われており、この技術が確立されてからそれほど時間がたっていないため、その食品を食べることによる人体への害が明確に分かっていないからです。
    また、そのような植物が一般環境下に出されることで既存の生態系を乱す可能性もあり、遺伝子組み換えでは予期しない副産物を作る作物が出るという不安もあります。
    このように遺伝子組み換え作物はいくつかの問題を抱えているが、実際にこのような作物が市場に出回っている以上、そのような作物に対する予防線を張らなければならない。
    そこでこれらの食品は農水省と厚生労働省がその承認を行っています。
    農水省は国内作付けと家畜の飼料として認め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。