新しい金融サービスの現状と展望

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数521
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「はじめに」
     今回、この「新しい金融サービスの現状と展望」というレポートを行うにあたって、なぜこの「ケータイクレジットiD」を題材に選んだのか。なぜならそれは、現在私は、人材派遣会社で仕事をしていて、通信業のである携帯電話販売という分野への人材派遣を担当としております。このような環境の中、私は携帯電話と深く携わり、一番身近な存在である携帯電話の金融サービス、2005年12月1日に開始された「三井住友カード ケータイクレジットiD」をこの題材に選択しました。日本では、携帯電話は短期間で急速に普及率を伸ばし続け、現代では大多数の国民の生活必需品になりつつあると思う。なぜなら、KDDI auの携帯電話による「モバイル学生証」が神奈川工科大学にて2006年4月から導入されます。肌身離さず持ち歩く物、生活になくてはならいない物という存在になっているからこそできるシステムだと私は思います。このような事からも、携帯電話の所持率が極めて高い事が判明されています。しかしこれは今だから言えることであって、NTTが初めて自動車電話として販売開始した時代には、誰が現代の日本のようになると想像しただろうか。誰もが想像していなかった姿に現代日本はなっているのだと私は思う。また2006年11月から携帯電話会社を変更しても携帯番号が変わらない「番号ポータビリティー制度」が始まるのに対して、新たに3企業が携帯電話業界へ新規参入する事が決まりました。色々な分野の業界から注目を浴びている携帯電話業界は、今日ではある意味、予測のできない未知な分野とも言えると思います。そんな携帯電話業界で契約者数5011万契約を占め、56.1%(2004年調べ)というナンバーワンシェアを誇るNTT DoCoMoが新クレジットブランドとして「ケータイクレジットiD」実施し始めたのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『新しい金融サービスの現状と展望』 「ケータイクレジットiD(おサイフケータイ)」
    「はじめに」
    今回、この「新しい金融サービスの現状と展望」というレポートを行うにあたって、なぜこの「ケータイクレジットiD」を題材に選んだのか。なぜならそれは、現在私は、人材派遣会社で仕事をしていて、通信業のである携帯電話販売という分野への人材派遣を担当としております。このような環境の中、私は携帯電話と深く携わり、一番身近な存在である携帯電話の金融サービス、2005年12月1日に開始された「三井住友カード ケータイクレジットiD」をこの題材に選択しました。日本では、携帯電話は短期間で急速に普及率を伸ばし続け、現代では大多数の国民の生活必需品になりつつあると思う。なぜなら、KDDI auの携帯電話による「モバイル学生証」が神奈川工科大学にて2006年4月から導入されます。肌身離さず持ち歩く物、生活になくてはならいない物という存在になっているからこそできるシステムだと私は思います。このような事からも、携帯電話の所持率が極めて高い事が判明されています。しかしこれは今だから言えることであって、NTTが初めて自動..

    コメント1件

    oniku2006 購入
    役立ちました
    2007/01/05 17:47 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。