ベンチャー企業の支援制度・組織

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数27
閲覧数310
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ベンチャー企業の支援制度・組織
    ベンチャー企業の創業時の障害
    中小企業庁『平成11年度版中小企業白書』
    各種経営資源の重要性
    ベンチャー企業の支援インフラ
    ベンチャー支援を
    専門とするビジネス
    ベンチャー企業の支援インフラの整備
    「バイドール法(1980年)」
           大学の英知を民間に移すため制定
    米国大学での特許件数
    大学の研究を特許化し、民間に技術を移転し、大学がベンチャー輩出の古典となる
    1994年1200件
    1980年400件
    この頃から
    米国の各大学でアントレプレナーシップに関する教育が盛んになり、自主・独立・独走型の人材育成に拍車がかかり、トップ校のMBA卒業生の多くが起業へ向かう
    一方で、日本では
     1994年以降ベンチャー支援インフラは急激に整備される
     1995年「創造的中小企業促進法」
         
     
     
         
    経済産業省主導ではあるが・・・
    創業期の成長志向型の中小企業に対する   資金供給の円滑化を図る
    ベンチャー企業の支援主体
    公的支援機関
    民間支援機関
    個人レベルで行う支援者
    都道府県、市区町村といった地方自治体のほかに、国民生活金
    融公庫、中

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ベンチャー企業の支援制度・組織
    ベンチャー企業の創業時の障害
    中小企業庁『平成11年度版中小企業白書』
    各種経営資源の重要性
    ベンチャー企業の支援インフラ
    ベンチャー支援を
    専門とするビジネス
    ベンチャー企業の支援インフラの整備
    「バイドール法(1980年)」
           大学の英知を民間に移すため制定
    米国大学での特許件数
    大学の研究を特許化し、民間に技術を移転し、大学がベンチャー輩出の古典となる
    1994年1200件
    1980年400件
    この頃から
    米国の各大学でアントレプレナーシップに関する教育が盛んになり、自主・独立・独走型の人材育成に拍車がかかり、トップ校のMBA卒業生の多くが起業へ向かう
    一方で、日本では
     1994年以降ベンチャー支援インフラは急激に整備される
     1995年「創造的中小企業促進法」
         
     
     
         
    経済産業省主導ではあるが・・・
    創業期の成長志向型の中小企業に対する   資金供給の円滑化を図る
    ベンチャー企業の支援主体
    公的支援機関
    民間支援機関
    個人レベルで行う支援者
    都道府県、市区町村といった地方自治体のほかに、国民生活金
    融公庫、中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。