日本における生産管理の変貌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数360
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設問1-1 製造業における管理技術の特徴 
    生産管理の技術には、製品・工程を作り出す固有技術と、効率よく、高品質で、抵コストで、タイミング良く製品を作り出す技術があり、この2つの技術が生産活動を進める上で不可欠である。本レポートではこの後者の技術を「管理技術」と呼ぶ。
    管理技術とは、固有技術によって具現化される製品・サービスを生産効率向上、原価低減、納期維持などの経営課題の下に具体的な製造活動を行うに必要な技術である。技術の発展動機には、その時代の社会、環境、価値観、経済状況などのニーズがあり、そのニーズを満たすため新技術が開発される。このように管理技術には、これを取り巻く文化的、歴史的、社会的背景が関連してくるため、管理技術の有効性、発展性を論ずるには、これらの環境的要因との問題を考慮して論じなければならない。
     また、管理技術のモジュールは、3端子モデルとして表すことが出来る。一般にハードなシステム・モジュールはインプットとアウトプットの2端子であるが、管理技術を論ずるときは、システム・モジュールのゴールが必要であり、このゴールによって目的関数、管理基準が異なり、ゴールが異なればそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。