人的資源管理論の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,506
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『人的資源管理論の特徴』
     1.人間観
     以前の人間観は、労働者は機械や原材料と同じ生産要素の1つと見なされ、機械の付属品として扱われてきた。労働者は代替可能な労働力と見なされ、コストとして計算された。
    人的資源管理論の人間観は、大きく2つの要素で構成されている。その1つは、従業員の生産能力は、企業の経済的成功に貢献をする重要な経済的資源であるとする「経済的資源としての人間観」である。もう1つは、従業員の動機づけの原理として、従業員を人間人格として取り扱うとする「人間的存在としての人間観」である。
     2.人的資本の影響
     これまで管理論では機械の導入などに「合理化」の重点が置かれていたのとは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。