人的資源管理と日本的経営

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数682
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本的経営」の特徴
    採用 欧米では、職務を基準に、必要に応じて採用するが、日本では、会社が毎年4月に新規学卒者一括採用を行う。
    異動 欧米では、ワークルールに代表される仕事の縄張りがあるが、日本ではこのような規制がない。
    退職 日本では新規学卒者が定期的に採用され、年功的に昇進していくが、定年制を採用し、ある年齢に達すると一斉に退職する。
    賃金 欧米では仕事を基準に採用されるため、賃金も仕事別に払われていた。日本の大企業ではこのような基準がないために、年功賃金と呼ばれる年齢別の賃金支払が一般的である。
    労働組合 欧米では仕事を基準に採用されるため、労働組合も仕事を基準にしているが、日本では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。