配当政策とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数569
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『配当政策とは』
    配当政策とは、企業が決算期ごとに決算を行い、法人税を払った後の税引き後利益のうちどの程度を配当として株主に対して支払うかを決める政策である。税引き後利益のうち配当として支払われる割合を配当性向という。配当性向を決める配当政策は大きく2つのことを同時に決めることになる。1つは株価の形成要因である配当水準を決めることであり、もう1つは税引き後利益から支払い配当総額を引いた内部留保を決めることである。
    『配当政策と株価の関係』
    配当政策と株価の関係については、配当性向を高めると株価は高くなる、配当性向が小さい企業は株主を軽視等の誤解があるが、初級レベルのモデルでは「配当政策によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。