マーケティングの基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数464
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『マーケティングとは』
    マーケティングとは、個別主体による市場活動である。1910年代の米国におけるマーケティング生成の初期では巨大製造企業が主体であったが、時を経るにつれて、中小企業や非営利組織、供給企業、流通企業(卸売、小売)も主体として認識される。このように、どのような企業がマーケティングを行うかということについては、時代によって捉え方が異なる。この市場とは、有形商品の市場と無形商品の市場に分けることができ、さらに有形商品は消費財と生産財に分けられる。一方で、活動とは、商品の販売実現に関わる活動こそがマーケティングであり、マーケティング活動の集約化と考えられているのが「4P」といわれる4つの活動領域であり、Product、Price、Place、Promotionがある。
     コトラーによれば、市場を「製品またはサービスを購買しているか、購買する可能性のある個人および組織体の集合」と定義しており、マーケティングでいう市場とは、「顕在顧客」ならびに「潜在顧客」も含めた「買手の集合」である。つまり「市場は創造するもの」であるとする。
     市場を捉える一般的な方法として「STP」がある。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。