ベンチャーの危機と対処

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数441
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第7章 『ベンチャーの危機と対処』
    ①要約
    ベンチャー企業の危機の萌芽
    1.ベンチャー企業の成長と危機
     成長意欲の高いベンチャー企業は、その後の生存確率については明確な統計資料はないが、「3年、5年、10年」という節目があるのは確かである。なぜなら、徐々に経営規模が拡大し、その基盤が確立するにつれて最悪の危機である倒産を回避する能力がついてくるからである。小規模ベンチャーほど倒産確立は高く、倒産が頻繁に起きる。規模の拡大とともに減少するが、その倒産の社会的影響はより大きくなる。
     ベンチャー企業は、短期間に成長するので、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第7章 『ベンチャーの危機と対処』
    ①要約
    ベンチャー企業の危機の萌芽
    1.ベンチャー企業の成長と危機
     成長意欲の高いベンチャー企業は、その後の生存確率については明確な統計資料はないが、「3年、5年、10年」という節目があるのは確かである。なぜなら、徐々に経営規模が拡大し、その基盤が確立するにつれて最悪の危機である倒産を回避する能力がついてくるからである。小規模ベンチャーほど倒産確立は高く、倒産が頻繁に起きる。規模の拡大とともに減少するが、その倒産の社会的影響はより大きくなる。
     ベンチャー企業は、短期間に成長するので、規模拡大とともにそれぞれの経営資源の活用方法が異なると同時に、成長や変革を阻害する危機が、頻繁に発生する。
     2.ベンチャーの経営モデルの違いによる危機
    ベンチャー企業は、業種別、起業家の年齢別に分類でき、それぞれの経営モデルによって内在する経営の危機がある。
    (1)業態別ベンチャーの区分と危機
    ①流通サービス企画型(労働集約型・IT活用型)②技術企画型 ③研究開発型
    (2)起業家の年齢別区別と危機
    ①若者起業家 ②ベテラン起業家(35~45歳) ③シニア起業家(50..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。