企業不祥事とCSR

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数784
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「はじめに」
    今回この『あなたの気になる企業の不祥事を取り上げる』という課題に対して、迷うことなく2005年4月25日に起きてしまった「JR日本尼崎脱線事件」の張本人である法人『西日本旅客株式会社』を思い浮かべました。この課題に対して、今現在に企業と戦っている人やこれから戦わなければならない人へのエールを込め、間違っている企業には絶対に恐れず戦わなければならないのだという意気込みを兼ねて標題を選びました。あの事件が起こるまでの企業形態や企業の経営が目指していた所などを同じサービス業のアルバイトをしている18歳の目線からの不満や、現代または未来の企業への不信などを述べていきたいと思います。
    概要
    冒頭でも述べたように2005年4月25日にこの事件が起きました。9月6日時点では死者数が106人、負傷者が549人と悲惨な事件であります。カーブ前で平均速度を越えたスピードを出していて曲りきれずに脱線し、カーブ横のマンションに先頭車両ともども突っ込んでしまいました。車掌も死亡してしまい、記録が残ってなく事故の詳細がいまだ不明であるが、事件以前からもATSなどの安全性が確保されていなく、ダイア(時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。