スイカについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数531
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    動機
     夏休み母の姉の家に行った時、スイカを頂いた。その時「スイカにはむくみをとってくれるからいいのよ。」と聞いた。本当にそんな効果があるのか?と思った。夏になると自然と食べていてどんな成分があるのかとかは全く知らなかった。また最近はスイカ味のお菓子が増えていてこれから注目されるのでは?と思い調べる事にした。
    研究方法
     千葉県柏市図書館の書物を参考に調べた。
    結果
     スイカは学名:Citrullus vulgarisといい分類:ウリ科のスイカ属でアフリカ原産といわれている。薬用部位:果実、種子で主成分はグルタチオン、シトルリン、カロチノイド、糖分、K塩である事がわかった。
    ?可食部に含まれるグルタチオンは、アミノ酸の一種(グルタミン酸、システイン,グリシンから成るトリペプチド)で、有害物質を体内で解毒する肝臓の機能を強化する作用が認められている。尿を作り出す機能の腎臓は、尿中の老廃物を濾過する働きがありこの働きが低下してしまうと、尿がうまく排泄されず老廃物が血液を巡ってしまう。
    ?シトルリンは、体内に吸収されると、体内で発生する猛毒のアンモニアを無害な尿素に変えて排泄するように、尿の量を増やして排尿を促す働きがある。
    ?カリウムは体内の余分な塩分を排出し、利尿作用がある。
    ?カリウム+シトルリンの働きで、スイカを食べると利尿作用が高まり、腎臓の働きを正常にした結果むくみをとり、腎臓病、膀胱炎、高血圧の予防などに効果がある。
    ?スイカの赤い色はリコピンによるものでスイカに含まれているリコピンの量は、リコピンで有名な生食用トマトより多く含まれていまる。また最近シトルリンにも強力な抗酸化成分であるがわかってきた。リコピンとシトルリンのダブル効果で、スイカの抗酸化活性は、トマトの1.7倍になると報告されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    夏季レポート『スイカについて』       
                             
    動機
    夏休み母の姉の家に行った時、スイカを頂いた。その時「スイカにはむくみをとってくれるからいいのよ。」と聞いた。本当にそんな効果があるのか?と思った。夏になると自然と食べていてどんな成分があるのかとかは全く知らなかった。また最近はスイカ味のお菓子が増えていてこれから注目されるのでは?と思い調べる事にした。
    研究方法
    千葉県柏市図書館の書物を参考に調べた。
    結果
    スイカは学名:Citrullus vulgarisといい分類:ウリ科のスイカ属でアフリカ原産といわれている。薬用部位:果実、種子で主成分はグルタチオン、シトルリン、カロチノイド、糖分、K塩である事がわかった。
    ①可食部に含まれるグルタチオンは、アミノ酸の一種(グルタミン酸、システイン,グリシンから成るトリペプチド)で、有害物質を体内で解毒する肝臓の機能を強化する作用が認められている。尿を作り出す機能の腎臓は、尿中の老廃物を濾過する働きがありこの働きが低下してしまうと、尿がうまく排泄されず老廃物が血液を巡ってしまう。
    ②シトルリンは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。