小学校におけるいじめへの対処

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,080
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     教育相談の目標は、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるように援助することである。学校はひとつの集団であり、信頼関係や協力関係が築ける一方で、葛藤や対立も避けて通れないものである。そのような中で近年学校が抱えている問題は、学級崩壊、不登校、自殺など様々ある。それは子どもたちが心に抱えている問題である。そのため教育相談の意味は非常に大きい。本論ではいじめを取り上げ、教育相談の在り方を述べていく。
      いじめのとは、「自分より弱いものに対し、集団で一方的に身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、相手に深刻な苦痛を感じさせるもの」である。いじめの対処として難しいのが、子どもたちの目からはよく見えていても、教員の目からは見えにくいということである。実際、いじめを苦にして自殺した子どもが、遺書の中で陰湿かつ恐喝まがいのいじめがあったということを告白した事件があった。いじめが深刻化する中で、どのような対策を立てる必要があるのか。
      いじめには構造がある。被害者と加害者、それと観衆と傍観者である。いじめの大半が教室内で起こっているということもあり、被害者と加害者だけが当事者ではない。いじめをはやしたてる積極的是認の観衆、見て見ぬふりをする消極的是認の傍観者、この存在はいじめが長期化する原因のひとつでもある。いじめが起こった後で被害者や加害者の指導だけでは不十分である。そのためまず教員がすべきことは、このいじめの構造を把握することである。そして集団全体に対して指導を行うことが必要である。また、いじめの構造を知るためには普段から子どもたちの間での関係をよく見ておかなければならない。このような構造を作らせないという、事前にいじめを防ぐためにも大切なことである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育相談の目標は、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるように援助することである。学校はひとつの集団であり、信頼関係や協力関係が築ける一方で、葛藤や対立も避けて通れないものである。そのような中で近年学校が抱えている問題は、学級崩壊、不登校、自殺など様々ある。それは子どもたちが心に抱えている問題である。そのため教育相談の意味は非常に大きい。本論ではいじめを取り上げ、教育相談の在り方を述べていく。
    いじめのとは、「自分より弱いものに対し、集団で一方的に身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、相手に深刻な苦痛を感じさせるもの」である。いじめの対処として難しいのが、子どもたちの目からはよく見えていても、教..

    コメント2件

    kojimasato 購入
     
    2006/05/03 17:34 (10年7ヶ月前)

    yuuka1105 購入
    ほどほどに参考になった
    2006/07/23 22:50 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。