古文を学ぶ意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,591
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の文学として学ぶ必要がある
    その際に、やはり現代とは異なる言葉のため、文法も学ぶという過程がある
    しかし、知識偏重のため、この文法や現代語訳することが一番重要であるかのように思われ、それが、古典をつまらなくしている原因のひとつである
    読むことを中心としながらも、親しむ態度というものが大切である
    読解に偏りがちな指導の在り方を改める
    例えば重要古語がでてきた場合に「覚えよう」ではなく、辞書などで原義を取り扱ってみる
    漢文に関しても、現代の日本語で用いられる言葉のもととなる話もあり楽しめる
    言葉というものに対して興味関心を抱かせる教材として、古典は重要
    この言葉はどういう成り立ちからどのようにしてこの意味になったのかという興味関心
    さらには、音声言語への取り組みも重要である
    音読・朗読・暗唱
    → 「読む」ことで文章や作品の内容を把握することが普通であるが、声と耳を動員し、別サイドから内容の把握も可能である
    音読の際に語句のまとまりが理解できなければギクシャクとした読み方になる
    もちろん、そのような場合は意味をとることも困難である
    適切にスムーズに読めるようになることで、読解も可能になる箇所もある

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【古文を学ぶ意義 】
    日本の文学として学ぶ必要がある
    その際に、やはり現代とは異なる言葉のため、文法も学ぶという過程がある
    しかし、知識偏重のため、この文法や現代語訳することが一番重要であるかのように
    思われ、それが、古典をつまらなくしている原因のひとつである
    読むことを中心としながらも、親しむ態度というものが大切である
    読解に偏りがちな指導の在り方を改める
    例えば重要古語がでてきた場合に「覚えよう」ではなく、辞書などで原義を取り扱ってみる
    漢文に関しても、現代の日本語で用いられる言葉のもととなる話もあり楽しめる
    言葉というものに対して興味関心を抱かせる教材として、古典は重要
    この言葉はどうい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。