性教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数984
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    性教育は何歳から始める、何歳からでは遅すぎるというものではない
    その時の子どもの発達段階に応じて行う必要がある
    → そのためには、子どもの発達段階を知っておくということが必要
    また、誰が性教育を行うのかといえば、周囲の大人全てが、状況に応じて行うべき
    学校においては、教員が性教育を担当すべきである
    専門が国語や数学だからといって、性教育を行えないということになってはいけない
    (現時点で問題だといえることは、大学の教員免許を取得する課程の中に、「性の指導」が含まれていないということ)
    学習指導要領の総則
    「各学校においては、法令及びこの章以下に示すところに従い、児童の人間としての調和のとれた育成を目指し、地域や学校の実態および児童の心身の発達段階や特性を十分考慮して、適切な教育課程を編成するものとする」
    → 性教育を行う必要性があるということ
    性教育だけを、特別な活動としてとらえることなく、常に行われるべきである

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【性教育 】
    性教育は何歳から始める、何歳からでは遅すぎるというものではない
    その時の子どもの発達段階に応じて行う必要がある
    → そのためには、子どもの発達段階を知っておくということが必要
    また、誰が性教育を行うのかといえば、周囲の大人全てが、状況に応じて行うべき
    学校においては、教員が性教育を担当すべきである
    専門が国語や数学だからといって、性教育を行えないということになってはいけない
    (現時点で問題だといえることは、大学の教員免許を取得する課程の中に、「性の指導」
    が含まれていないということ)
    学習指導要領の総則
    「各学校においては、法令及びこの章以下に示すところに従い、児童の人間としての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。