職業教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数375
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    職業教育とは
    私たちが生活している社会で職業活動を行うのに必要な知識、技術、態度などを身に付けるための教育である
    → 広く見れば、義務教育や高等学校・大学で学ぶ内容は、
    全て職業活動に必要なものだと言える
    〜 狭く見た場合〜
    特定の職務を実行するのに必要な知識・技能・技術・態度を習得するための教育
    個人の立場から見れば、自分の能力や適性をできるだけ伸ばせる職業に従事したいと考えるのは当然のことである
    → 能力と適性といった資質について
    「一般職業適性検査」(厚生労働省編)を利用する(自己理解を深めるため)
    また職業活動での経験を通じて自己理解を深めていくという理論もある
    → 職業に従事する中で職務能力が発達していくという考え方
    (この理論の代表的研究者はスーパーという人物)
    近年、フリーターを一つの職業としてみなす傾向がある
    これといった職業が見つからないため、とりあえずアルバイトでお金をため、そのうちやりたいことを見つけて行くというスタイル
    → フリーターになりたいというわけではないが、フリーターでもかわまわないと考える子どもたちが増えている
    ただ、そういった子どもたちは定職に就くことを望んでいることが多いのも事実であるフリーター志望への対応。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【職業教育 】
    職業教育とは
    私たちが生活している社会で職業活動を行うのに必要な知識、技術、態度などを
    身に付けるための教育である
    → 広く見れば、義務教育や高等学校・大学で学ぶ内容は、
    全て職業活動に必要なものだと言える
    ~ 狭く見た場合 ~
    特定の職務を実行するのに必要な知識・技能・技術・態度を習得するための教育
    個人の立場から見れば、自分の能力や適性をできるだけ伸ばせる職業に従事したいと
    考えるのは当然のことである
    → 能力と適性といった資質について
    「一般職業適性検査」(厚生労働省編)を利用する(自己理解を深めるため)
    また職業活動での経験を通じて自己理解を深めていくという理論もある
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。