コンサルテーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数708
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校で起こる児童生徒たちの問題をカウンセラーが一人で抱え込むのはよくない
    → 学校全体の問題として関わっていくことが大切
    スクールカウンセラーは毎日学校にいるわけではないことが多く、教師たちと同じような接し方をすることは困難である
    (児童生徒と人間関係を普段から構築するということができない)スクールカウンセラーが中心となり、その専門性を生かしつつ、しかし治癒ではなく育成するという姿勢で、学校一丸となり取り組む→ これをコンサルテーション(連携)という
    教師は立場上、時には強制力を持った指導を行う
    しかし、スクールカウンセラーは教師にはできない対応ができるということ教育相談において、生徒が「家族にも話さないで欲しい」ということがある
    例えば妊娠をした場合など、指導の対象となってしまい学校にも知られたくない
    そのような場合にスクールカウンセラーが力を発揮する
    → 黙っているという形で、その生徒の信頼に答えることはしない
    家族・学校に話しをして、その後もしっかりと守ろうとする姿勢を見せることが重要
    スクールカウンセラーは生徒と学校の板挟みになることもよくある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【コンサルテーション 】
    学校で起こる児童生徒たちの問題をカウンセラーが一人で抱え込むのはよくない
    → 学校全体の問題として関わっていくことが大切
    スクールカウンセラーは毎日学校にいるわけではないことが多く、教師たちと同じような
    接し方をすることは困難である
    (児童生徒と人間関係を普段から構築するということができない)
    スクールカウンセラーが中心となり、その専門性を生かしつつ、
    しかし治癒ではなく育成するという姿勢で、学校一丸となり取り組む
    → これをコンサルテーション(連携)という
    教師は立場上、時には強制力を持った指導を行う
    しかし、スクールカウンセラーは教師にはできない対応ができるという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。