ジェンダー・フリー教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,460
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【ジェンダー・フリー教育】
    ジェンダーとは、男性存在と女性存在の生物学的側面を指すセックスと区別され、女性と男性の違いの社会的・文化的側面を意味する言葉である
    → 男女の不平等を、参政権や教育を受ける機会等の法制上の問題としてのみならず社会的に共有されている「男らしさ」「女らしさ」の観念や性別役割分業観(=ジェンダー・ステレオタイプ)といった価値=文化の問題としてとらえなおそうとした
    例・高校家庭科は女子のみ必修といった教育課程の不平等
    ・教科書や教材の記述等にみられる男性中心性
    ・男女別の出席簿や座席の配列など
    → 伝統的なジェンダー・ステレオタイプに呪縛されていることが指摘される
    (男女平等だと信じられてきた学校そのものが、実はそういったものを生み出していた)
    しかし一方で行き過ぎる「ジェンダー・フリー」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【ジェンダー・フリー教育 】
    ジェンダーとは、男性存在と女性存在の生物学的側面を指すセックスと区別され、
    女性と男性の違いの社会的・文化的側面を意味する言葉である
    → 男女の不平等を、参政権や教育を受ける機会等の法制上の問題としてのみならず
    社会的に共有されている「男らしさ」「女らしさ」の観念や性別役割分業観(=ジェン
    ダー・ステレオタイプ)といった価値=文化の問題としてとらえなおそうとした
    例 ・高校家庭科は女子のみ必修といった教育課程の不平等
    ・教科書や教材の記述等にみられる男性中心性
    ・男女別の出席簿や座席の配列 など
    → 伝統的なジェンダー・ステレオタイプに呪縛されていることが指摘され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。