不登校

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数579
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    不登校への対処
    不登校の子どもたちは多く、誰にでも起こりうる
    「学校に行きたいけれども行けない」という不安等情緒的混乱の型が最も多い
    中学生では無気力型が多く、遊び・非行型も小学生に比べ急増する
    近年では安易な登校刺激は与えないほうがよいという考え方が定着しつつある
    → 登校刺激を与えると、「学校へ行かなくては!」という義務感をさらに強め、
    その義務を果たせない自分に対して…
    嫌悪感からひきこもり、自傷行為、家庭内暴力などの二次反応を
    引き起こす場合がある
    低所得層で家族崩壊の家庭、授業についていけないなどの原因
    → その場合は学校から排除されたという意味合いが強くなるので、
    学校との信頼関係を回復する中で早期に登校を促すのが良い場合もある
    子どもの内面を知ること
    → 専門医師の助言により治療を要する場合を除いて、教員は積極的に
    生徒に働きかける必要がある
    不登校の子どもには、時間的・空間的な居場所はあっても、
    精神的な居場所のないことが多い
    ・教員は基礎的なカウンセリングの技法を学ぶこと
    ・学級集団に溶け込めるような個別的な援助
    以前では、無理に学校に連れて行くという指導も取られ、それがかえって
    余計に学校へ行きにくくなるということがあった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【不登校 】
    不登校への対処
    不登校の子どもたちは多く、誰にでも起こりうる
    「学校に行きたいけれども行けない」という不安等情緒的混乱の型が最も多い
    中学生では無気力型が多く、遊び・非行型も小学生に比べ急増する
    近年では安易な登校刺激は与えないほうがよいという考え方が定着しつつある
    → 登校刺激を与えると、「学校へ行かなくては!」という義務感をさらに強め、
    その義務を果たせない自分に対して…
    嫌悪感からひきこもり、自傷行為、家庭内暴力などの二次反応を
    引き起こす場合がある
    低所得層で家族崩壊の家庭、授業についていけないなどの原因
    → その場合は学校から排除されたという意味合いが強くなるので、
    学..

    コメント1件

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/03/21 17:12 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。