教師という仕事

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,779
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ? 教師聖職者論
    教師は、天から与えられた天職だという考え方
    「順良・信愛・威重」の気質を持つことを要求される
    ひたすらに教育という崇高な使命に邁進すべきである
    献身的な職務態度を要求される
    営利を追ってはならない
    経済的報酬に固持することなく薄給に甘んじてこそ「道」を説ける
    積極的に奉仕的実践をすることが理想
    ? 教師労働者論
    1960 年代、教員組合運動を基盤として広まる
    教師も人間としてその生活を充実、向上させる要求を持つことは当然である
    教員が大量に採用されデモシカ先生と呼ばれる先生が出現
    → 教員の質が問われるようになった
    サラリーマン化した教員に対し、使命感を忘れたのかという批判
    現在でもなお、「聖職者」と「労働者」の葛藤はある
    ? 教師専門職者論
    高い教養と能力の上に特殊な専門技術が積み上げられた職業という考え方
    教師の専門性( 人間的・教育学的・技術的資質) を科学的に解明しようとする立場
    1966 年ILO・ユネスコ共同勧告の「教師の地位に関する勧告」
    →「教師は、専門職でなければならない」と規程されている
    大学レベルでの教員養成、教職の科学化、技術の重要性を強調
    ? 職業として社会制度として成立した教職( どのような経過で成立したか)
    戦前においての教師像
    子供に道徳的感化を与えうる人格を所有している者
    → 崇高な使命と清貧に尊厳があった= 「聖職者」としての教師
    優れていた点: 何よりも教師としての使命感
    子供にとって、また社会にとっての手本となるべくそれを行動で示していた
    劣っていた点: 教育内容や学識が重視されるあまり、
    教育技術や生徒理解などが軽視されていた点にある
    第二次世界大戦敗戦を経て
    日本の教育は「国家のための教育」から「自己のための教育」へと大きく変化。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教師という仕事 】
    ① 教師聖職者論
    教師は、天から与えられた天職だという考え方
    「順良・信愛・威重」の気質を持つことを要求される
    ひたすらに教育という崇高な使命に邁進すべきである
    献身的な職務態度を要求される
    営利を追ってはならない
    経済的報酬に固持することなく薄給に甘んじてこそ「道」を説ける
    積極的に奉仕的実践をすることが理想
    ② 教師労働者論
    年代、教員組合運動を基盤として広まる 1960
    教師も人間としてその生活を充実、向上させる要求を持つことは当然である
    教員が大量に採用されデモシカ先生と呼ばれる先生が出現
    → 教員の質が問われるようになった
    サラリーマン化した教員に対し、使命感を忘れたのかという批判
    現在でもなお、「聖職者」と「労働者」の葛藤はある
    ③ 教師専門職者論
    高い教養と能力の上に特殊な専門技術が積み上げられた職業という考え方
    教師の専門性 ( 人間的・教育学的・技術的資質 ) を科学的に解明しようとする立場
    年 ・ユネスコ共同勧告の「教師の地位に関する勧告」 1966 ILO
    →「教師は、専門職でなければならない」と規程されている
    大学レベルでの教員養成、教職の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。