問題行動への対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数552
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【問題行動への対応】
    対応する際に注意すること
    ?生徒は、それぞれが独自の存在であるということを認識しておく。
    ?現在のある一部分だけを見るのではなく、長いスパンで生徒を捉えること。
    ?生徒理解のためには関係の構築が不可欠で、共感的態度で接することも必要。
    ?生徒の自己解決の欠如は発達を阻害するため、発展の可能性を最大限に広げるように援助することが大切生徒の問題行動は様々であるが、特に中学校から高等学校にかけて顕著になる傾向。
    →子どもの成長過程においてこの時期は最も身体的に発達する時期であり、それに伴い精神的にも成長する時期。
    さらには、行動範囲が広まったり、興味関心を様々なものにもったりするため、時としてそのことが問題行動へつながることがある。
    <喫煙>
    ・喫煙は、当然のことながら、法律によって未成年には禁じられている。
    ・興味本位から喫煙をする場合が多いため、初期の発見・対応が肝心。
    ・仲間同士での喫煙も考えられるため、交友関係に気をつけておく。
    < 喧嘩>
    ・校内、校外を問わずに注意が必要で、凶悪な暴力事件にもつながる可能性あり。
    ・深刻な場合は警察などとの協力も必要。
    → 上記つの問題行2 動は、専門家の援助を必要とする場合もある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【問題行動への対応 】
    対応する際に注意すること
    ① 生徒は、それぞれが独自の存在であるということを認識しておく
    ② 現在のある一部分だけを見るのではなく、長いスパンで生徒を捉えること
    ③ 生徒理解のためには関係の構築が不可欠で、共感的態度で接することも必要
    ④ 生徒の自己解決の欠如は発達を阻害するため、
    発展の可能性を最大限に広げるように援助することが大切
    生徒の問題行動は様々であるが、特に中学校から高等学校にかけて顕著になる傾向
    → 子どもの成長過程においてこの時期は最も身体的に発達する時期であり、
    それに伴い精神的にも成長する時期
    さらには、行動範囲が広まったり、興味関心を様々なものにも..

    コメント1件

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/06/17 6:38 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。