「尊厳ある人間としての死」についての考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,321
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「尊厳ある人間としての死」について考えるに当たり、問題視されることが多い「安楽死」について考えたいと思う。
    まず、「安楽死」には、大きく分けて七種類ある。
    自発的積極的安楽死
     本人の意思を尊重した人為的な安楽死
    自発的消極的安楽死(尊厳死)
     本人の意思によって無駄な延命措置を排除するもの
    反自発的積極的安楽死(慈悲殺)
     対応能力のある患者の意思なしに、又は意思に反して安楽死させるもの
    反自発的消極的安楽死
     同様の患者に対する徒な延命措置を止めることによる安楽死
    非自発的積極的安楽死(慈悲殺)
     対応能力のない患者に対する人為的安楽死
    非自発的消極的安楽死
     対応能力のない患者に対する非人為的安楽死
    間接的安楽死
     苦痛の緩和を目的とした処置により、患者の死を早める結果が非意図的に出てしまう、或いは、死を早めてしまう可能性を認知した上で苦痛緩和処置を施し、結果的に患者の生命を縮めるもの
    ここで、「安楽死」という言葉を調べてみた。
    大辞林第二版
     『助かる見込みがない病人を苦痛から解放する目的で、延命のための処置を中止したり、死期を早める処置をとること。また、その死。安死術。オイタナジー』
    広辞苑第五版
     『助かる見込みのない病人を、本人の希望に従って、苦痛の少ない方法で人為的に死なせること』
    定義がそれぞれ異なっているが、少なくとも「間接的安楽死」については「安楽死」と名付けるのはあまり相応しいとは言えないだろう。広辞苑(第五版)で採用されている定義に従うならば「非自発的安楽死」や「反自発的安楽死」も安楽死とは言い難いということになるが、今回は「間接的安楽死」についてのみ除外する。
     論じ易いと思われる「反自発的積極的安楽死」と「非自発的積極的安楽死」について述べることにする。特に前者の場合は顕著だが、「慈悲殺」と呼ばれる様に、慈悲を以て行った行為にせよ、その実は殺人行為であると言わざるを得ない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「尊厳ある人間としての死」についての考察
    「尊厳ある人間としての死」について考えるに当たり、問題視されることが多い「安楽死」について考えたいと思う。
    まず、「安楽死」には、大きく分けて七種類ある。
    自発的積極的安楽死
    本人の意思を尊重した人為的な安楽死
    自発的消極的安楽死(尊厳死)
    本人の意思によって無駄な延命措置を排除するもの
    反自発的積極的安楽死(慈悲殺)
    対応能力のある患者の意思なしに、又は意思に反して安楽死させるもの
    反自発的消極的安楽死
    同様の患者に対する徒な延命措置を止めることによる安楽死
    非自発的積極的安楽死(慈悲殺)
    対応能力のない患者に対する人為的安楽死
    非自発的消極的安楽死
    対応能力のない患者に対する非人為的安楽死
    間接的安楽死
    苦痛の緩和を目的とした処置により、患者の死を早める結果が非意図的に出てしまう、或いは、死を早めてしまう可能性を認知した上で苦痛緩和処置を施し、結果的に患者の生命を縮めるもの
    ここで、「安楽死」という言葉を調べてみた。
    大辞林第二版
    『助かる見込みがない病人を苦痛から解放する目的で、延命のための処置を中止したり、死期を早める処置をとること。ま..

    コメント2件

    miya 購入
    社会的な観点についてもう少し述べてあるともっとよかったと思います。
    2007/01/11 22:13 (9年11ヶ月前)

    takashi 購入
    まとまっていたと思います。
    2007/01/11 23:39 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。