プログラミング入門Ⅰレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数382
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コンピュータの仕組みについてまとめなさい。
     今やコンピュータ業界をとりまく環境が、新聞、雑誌等をにぎわすことが多い。しかも以前は、コンピュータというとビジネスの世界の出来事であった。だが最近では、私たちの家庭のレベルにまで大きな影響を及ぼすようになってきたのである。
     コンピュータは、私たち利用者側から見ればプログラムと呼ばれる計算手続きと、加工されるデータを覚えさせておけば、人間に代わって仕事をしてくれる機械なのである。コンピュータを使う人はその機能を使って、問題を解いたり、単純作業や仕事の自動化に、または時間や手間のかかる処理にコンピュータを利用するのである。
     コンピュータは主に、大量の情報をデータベースとして記憶し、記憶された情報の中から必要な情報を取り出し、情報を加工する。また、計算、分析をしたり、その結果を文章化、グラフ化したりする。さらに、インターネットなどで、必要な情報を必要な人にすぐに送るなど、情報を処理するシステムなのである。
     コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアからなっている。機械としてのコンピュータを、ハードウェアと呼ぶのに対し,そのハードウェアに仕事をさせ,様々な目的に利用する技術を総称してソフトウェアと呼ぶのである。これは、通常プログラムの形をとる。プログラムもソフトウェアという概念の一部である。
     コンピュータは、入力された情報を加工,処理し,その結果を出力する機械である。同じコンピュータに対して,異なる内容の命令が、記述されたソフトウェアを与えて実行させることで,そのコンピュータは様々な仕事をすることが可能なのである。それぞれの使用目的ごとに、ハードウェアが個別に存在しているわけではないのである。メールの送受信やWebの閲覧,文書処理などは、それらの用途別に開発されたソフトウェアを、共通のハードウェアに与える事で実現しているのである。このように、汎用のハードウェアを持ち,ソフトウェアを入れ替えることで様々な情報を、様々な方法で処理ができるという事がコンピュータの特徴なのである。
     ハードウエアの中心が、中央処理装置(CPU)と主記憶装置(メモリ)である。これらの装置は、半導体素子を高密度に集めた集積回路の組み合わせである。コンピュータは命令を解釈し、それにしたがって演算を実行することで、データ処理を行っている。コンピュータは、実行する命令やデータを中央処理装置に近いところに全て蓄え、これらを、命令に応じて読み出して処理を行うのである。そして、命令やデータを一時的に蓄えておくのが主記憶装置なのである。
     主記憶装置は、コンピュータの主要構成要素で,一時的にデータやプログラムの命令などを格納する装置であり、中央処理装置から直接読み書きされるのである。また、主記憶装置以外の記憶装置として、補助記憶装置がある。外部記憶装置も補助記憶装置の一つである.補助記憶装置は記憶容量が大きいが,情報の読み書きの際、機械的な動作が入ってくることが多く,主記憶装置に比べアクセスタイムが長くなる欠点がある.
     コンピュータは、データ処理のために、主な機能として制御、演算、記憶、入力、出力の機能を持っている。これを、コンピュータの5大機能という。
     コンピュータの5大機能の装置
    入力装置(プログラムやデータを入力する装置)、
    記憶装置(プログラムやデータを記憶する装置)、
    演算装置(四則演算や比較判断などを行う装置)、
    出力装置(処理結果などを出力する装置)、
    制御装置(入力,記憶,演算,出力の各装置に必要な指示を与え,それらを

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータの仕組みについてまとめなさい。
     今やコンピュータ業界をとりまく環境が、新聞、雑誌等をにぎわすことが多い。しかも以前は、コンピュータというとビジネスの世界の出来事であった。だが最近では、私たちの家庭のレベルにまで大きな影響を及ぼすようになってきたのである。
     コンピュータは、私たち利用者側から見ればプログラムと呼ばれる計算手続きと、加工されるデータを覚えさせておけば、人間に代わって仕事をしてくれる機械なのである。コンピュータを使う人はその機能を使って、問題を解いたり、単純作業や仕事の自動化に、または時間や手間のかかる処理にコンピュータを利用するのである。
     コンピュータは主に、大量の情報をデータベースとして記憶し、記憶された情報の中から必要な情報を取り出し、情報を加工する。また、計算、分析をしたり、その結果を文章化、グラフ化したりする。さらに、インターネットなどで、必要な情報を必要な人にすぐに送るなど、情報を処理するシステムなのである。
     コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアからなっている。機械としてのコンピュータを、ハードウェアと呼ぶのに対し,そのハードウェアに仕..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。