食事介助を行う際に注意すべき食中毒について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数735
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     生活援助を行なう際に、食品を取り扱う場合は、衛生管理に十分配慮しなければならない。特に食中毒予防の観点から考えることが大切である。そのためには、食中毒の種類、症状、予防方法について理解していなければならない。以下に主な食中毒の種類、症状、予防方法を述べる。
     サルモネラ食中毒…卵料理・生卵、卵を使用した洋菓子、肉料理、納豆などの食品が原因になることが多く、特に鶏卵の殻に付着していることが多い。症状は腹痛、水様性下痢、発熱(38℃〜40℃)が主症状で、嘔吐、頭痛、脱力感、倦怠感をおこす人もいる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活援助を行なう際に、食品を取り扱う場合は、衛生管理に十分配慮しなければならない。特に食中毒予防の観点から考えることが大切である。そのためには、食中毒の種類、症状、予防方法について理解していなければならない。以下に主な食中毒の種類、症状、予防方法を述べる。
     サルモネラ食中毒…卵料理・生卵、卵を使用した洋菓子、肉料理、納豆などの食品が原因になることが多く、特に鶏卵の殻に付着していることが多い。症状は腹痛、水様性下痢、発熱(38℃~40℃)が主症状で、嘔吐、頭痛、脱力感、倦怠感をおこす人もいる。予防法は、卵は新鮮なものを購入すること。卵の割り置きはしないこと。食肉などは低温で扱うこと。調理の際は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。