皮膚について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数978
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・皮膚
     ヒトの皮膚は大きく分けると、?表皮、?真皮、?皮下組織の3層から構成されている。大人のヒトの皮膚の面積は約1.6m2、皮下組織をあわせると体重の約15%であり、皮膚はヒトの最大の臓器である。
    ?表皮について
     表皮は約0.1〜0.3mm。主に、表皮角化細胞(ケラチノサイト)で構成される。表皮角化細胞は角化(分化)する細胞である。角化とは基底細胞→有棘細胞→顆粒細胞→角層細胞と変わっていく過程のことである。表皮角化細胞(ケラチノサイト)が細胞分裂を行い、一つは、基底層にとどまり、もう一つは、有棘層、顆粒層を経て角層となり、垢となって剥がれ落ちる一連の過程である。
     そのほか表皮には免疫などに関与するランゲルハンス細胞やメラニン産生を行う色素細胞(メラノサイト)などがある。色素細胞が産生するメラニンは紫外線に対する防御機能として働いているが、皮膚色を決定する重要な因子の一つである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    皮膚について
    ・皮膚
    ヒトの皮膚は大きく分けると、①表皮、②真皮、③皮下組織の3層から構成されている。大人のヒトの皮膚の面積は約1.6m2、皮下組織をあわせると体重の約15%であり、皮膚はヒトの最大の臓器である。
    ①表皮について
    表皮は約0.1~0.3mm。主に、表皮角化細胞(ケラチノサイト)で構成される。表皮角化細胞は角化(分化)する細胞である。角化とは基底細胞→有棘細胞→顆粒細胞→角層細胞と変わっていく過程のことである。表皮角化細胞(ケラチノサイト)が細胞分裂を行い、一つは、基底層にとどまり、もう一つは、有棘層、顆粒層を経て角層となり、垢となって剥がれ落ちる一連の過程である。
    そのほか表皮..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。