経営戦略と経営的意志決定との関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,372
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <序論> 企業の経営目的は主に経済的目的と社会的目的に分けられる。経済目的は、さらに成長制目的、収益性目的、生産性目的、安定性および弾力性目的から構成されている。
     経営戦略とは企業が外部環境にどのように働きかけていくかを決定することである。すなわち、組織体としての企業が、経営活動の長期的基本プランを策定するに当たって、外部環境とのかかわりに最重点をおくことを定義できる。さらに経営戦略は大きく分けて競争戦略と事業構造戦略とに2分される。競争戦略はまた事業戦略ともいわれ、企業が活動している事業分野のなかで、いかに競争するかに焦点をあてた戦略で、競争優位をめざす手段と資源の配分、展開方法が分析される。それに対して、事業構造戦略のほうは全社的戦略ともいわれ、企業全体の将来のあり方にかかわるもので、自社が基本的にどの事業分野で活動すべきかについて選択する戦略である。
     戦略的意思決定とは、企業構造に関する問題、具体的には、企業が創り出す製品と市場の組み合わせをこれからどうするか、そのタイミングと規模をどうするかについての意志決定をいう。意思決定の対象となる課題が否定型的であるところに特徴がある。否定型とは対象が複雑で構造が不明であることである。従ってそこで要求される情報は主として外部情報となる。経営外部環境から発生した情報で、未来を予見するために役に立つ、戦略的意思決定にやくだてられるいわゆる戦略情報には、経営者の目標体系(経営理念や経営方針)と実業の評価基準なども含まれる。経営戦略は、環境適応の機能を持っている。経営戦略を企業の内部環境の変化に適応するための内部戦略と、企業の外部環境の変化に適応するための外部戦略に分けることが出来る。
     そのように経営戦略は、企業が将来当面する戦略的問題や戦略的機会の発見利用によって、企業は環境の変化に適応していくのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <序論> 企業の経営目的は主に経済的目的と社会的目的に分けられる。経済目的は、さらに成長制目的、収益性目的、生産性目的、安定性および弾力性目的から構成されている。
     経営戦略とは企業が外部環境にどのように働きかけていくかを決定することである。すなわち、組織体としての企業が、経営活動の長期的基本プランを策定するに当たって、外部環境とのかかわりに最重点をおくことを定義できる。さらに経営戦略は大きく分けて競争戦略と事業構造戦略とに2分される。競争戦略はまた事業戦略ともいわれ、企業が活動している事業分野のなかで、いかに競争するかに焦点をあてた戦略で、競争優位をめざす手段と資源の配分、展開方法が分析される。それに対して、事業構造戦略のほうは全社的戦略ともいわれ、企業全体の将来のあり方にかかわるもので、自社が基本的にどの事業分野で活動すべきかについて選択する戦略である。
     戦略的意思決定とは、企業構造に関する問題、具体的には、企業が創り出す製品と市場の組み合わせをこれからどうするか、そのタイミングと規模をどうするかについての意志決定をいう。意思決定の対象となる課題が否定型的であるところに特徴がある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。