関東稲荷の歴史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数461
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    稲荷神社神道歴史文献江戸関東稲作

    代表キーワード

    関東稲荷の歴史

    資料紹介

    荷は最も普及している身近な現世利益神の一つだ。
    とくに、東には荷社が多く、民衆の信仰も篤いとされている。
    現在、東に荷社が多い理由は、江時代の江では、人口密度が凄まじく、世界に類を見ない100万都市(庶民50万、武家50万)だった中、京都大坂西と比べると異常とも言える荷社が有り、江の寺社1000にし、荷社を持つ寺社は500というがあることから「家事、喧、伊勢屋、荷に犬の糞」といわれ、現在まで荷を信仰させるための要因を多く含んでいたとされている。
    そこで私は、江時代に至るまでの荷と、江での荷の信仰態を調べることにした。
    これは、調べた容のうち、江時代の江で、荷が普及するまでを文でり、史的考察したレポトにしたてたものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    稲荷は最も普及している身近な現世利益神の一つだ。
    とくに、関東には稲荷社が多く、民衆の信仰も篤いとされている。
    現在、関東に稲荷社が多い理由は、江戸時代の江戸では、人口密度が凄まじく、世界に類を見ない100万都市(庶民50万、武家50万)だった中、京都・大坂・西国と比べると異常とも言える稲荷社が有り、江戸内の寺社1000に対し、稲荷社を持つ寺社は500という数があることから「家事、喧嘩、伊勢屋、稲荷に犬の糞」といわれ、現在まで稲荷を信仰させるための要因を多く含んでいたとされている。
    そこで私は、江戸時代に至るまでの稲荷と、江戸での稲荷の信仰状態を調べることにした。
    これは、調べた内容のうち、江戸時代の江戸で、稲荷が普及するまでを文献で辿り、歴史的考察したレポートにしたてたものである。
     信仰の源流は、京都の稲荷大社で御祭神の倉稲魂神(うがのみたまのかみ)と密教の稲荷ダ枳尼天(だきにてん)が習合しての神道系と仏教系の稲荷信仰の三経路が関係するといわれている。
     稲荷神は奈良時代の和銅四年(西暦711年)二月九日の初午(立春後の最初の午の日)に渡来の有力氏族で、山城国(京都)深草を拠点のひ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。