トリックスターとしてのロキの意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数544
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    トリックスタとしてのロキの意義
     トリックスタとは、道化のことを意味する。
     さまざまな神話や昔話にトリックスタはさまざまな姿をして現れる。
     トリックスタの性格は半ば面白半分、半ば意のある狡猾なの性癖、身の能力、神的な二面性を持ち、あらゆる種類の拷問にさらされ、第二人格であり、影でありがなら、最後に救いの主に近づくとされている。
    散文のエッダの中では出てくるのは、ロキである。
     ロキは、トリックスタとして多くの影響を神にえた。
     たとえば、ロキは神にすばらしい物をえた。
     きっかけは、意のある滑稽な癖の性癖によるもので、シフのつややかなの毛を刈り取り床の上に落とした罪で、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     トリックスターとしてのロキの意義
     トリックスターとは、道化のことを意味する。
     さまざまな神話や昔話にトリックスターはさまざまな姿をして現れる。
     トリックスターの性格は半ば面白半分、半ば悪意のある狡猾な悪戯の性癖、変身の能力、獣神的な二面性を持ち、あらゆる種類の拷問にさらされ、第二人格であり、影でありがなら、最後に救いの主に近づくとされている。
    散文のエッダの中では出てくるのは、ロキである。
     ロキは、トリックスターとして多くの影響を神々に与えた。
     たとえば、ロキは神々にすばらしい宝物を与えた。
     きっかけは、悪意のある滑稽な悪癖の性癖によるもので、シフのつややかな髪の毛を刈り取り床の上に落とした罪で、シフに再び髪を生やさせるために、黒妖精たちの国へ降りて行き、そこの小人達を言葉巧みにだまし、ブロックとエイトリの小人の二人を競わせた。
    その結果、オーディンは、腕輪と同じ重さの八個の腕輪が、九夜目ごとにしたたりおちてくる腕輪ドラウプンニルと、グングリルという標的を決してはずさない槍を小人から与えられ、シフには、流れるような黄金の髪を、フレイには、グリンブルスティというイノシイシと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。