消費者信用ビジネスにおけるクレジットリスクの構造分析

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数67
閲覧数660
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ― 地域格差を要因とする改善モデルの提案 ―
    スコアリングモデル, 消費者信用, クレジットリスク, 社会的スティグマ, 個人破産

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費者信用ビジネスにおけるクレジットリスクの構造分析
    ― 地域格差を要因とする改善モデルの提案 ―
    Keywords : スコアリングモデル, 消費者信用, クレジットリスク, 社会的スティグマ, 個人破産
    研究の目的
    本研究の目的は、消費者信用ビジネスを対象とするスコアリング
    モデルの計量精度を向上させることにある。デフォルトを予測する
    外生変数として、地域の経済イベントをモデルに組み込むことによ
    って予測精度が向上することを確認した。
    近年不良債権問題に解決の目処をつけた大手銀行の間では、消費
    者信用ビジネスを取り込む動きが活発化している。従来銀行は「サ
    ラ金」や「グレ-ゾーン金利」の問題から、消費者信用ビジネスの
    分野にはあまり力を入れてこなかった。しかしリテール分野の強化
    い収益モデルを求めて消費者信用市場に注目している。またスコア
    リングモデルが注目される理由はリテール分野のみならず、中小企
    業金融の分野でも顕著である。
    以上のようなクレジット業界を取り巻く昨今の経営環境を踏まえ
    ると、消費者信用ビジネスにおけるクレジットリスクの計量精度を
    高めることは、銀行にと..

    コメント1件

    sgucci 販売
    ロジット分析など統計手法が盛りだくさん。決して高くないかもね・・・・
    2010/09/19 21:51 (6年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。