エイズの感染経路と感染後の経過について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数606
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    エイズが人類の前に姿を見せてからたった20余年しか経過していない。しかし現在の感染者数は約4200万人以上にものぼり、その勢力は拡大する一方でまったく衰えを見せない。
     エイズの病原体はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)というRNA遺伝子で、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳に含まれる。
    感染経路は性行為や出産・授乳による母子感染、注射の回しうちや輸血・非加熱血液製剤などにより、誰にでも感染する。しかし一方で生きた細胞の中でなければ生きられない非常に弱いウイルスでもあり、正しい知識を持って臨めば十分予防できる病気でもある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     エイズが人類の前に姿を見せてからたった25年しか経過していない。しかし現在の感染者数は約4200万人以上にものぼり、その勢力は拡大する一方でまったく衰えを見せない。 
     エイズの病原体はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)というRNA遺伝子で、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳に含まれる。
    感染経路は性行為や出産・授乳による母子感染、注射の回しうちや輸血・非加熱血液製剤などにより、誰にでも感染する。しかし一方で生きた細胞の中でなければ生きられない非常に弱いウイルスでもあり、正しい知識を持って臨めば十分予防できる病気でもある。
    では予防可能であるはずのエイズという病は何故増加を続けているのだろうか。..

    コメント1件

    lisarah2000 購入
    参考になりました。
    2007/06/13 1:32 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。