代理母出産は認められるか。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,048
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本では現在人工授精にせよ体外受精にせよ代理母による出産は原則として認められていない。不妊治療のひとつとして、代理母という手段が認められるべきか否か論じたいと思う。
     代理母の問題を語るにあたっては人工授精の代理母と体外受精の代理母の二つに分けて論じなければならない。本稿では人工授精の代理母に限定して手段が認められるべきか否か論じたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本では現在人工授精にせよ体外受精にせよ代理母による出産は原則として認められていない。不妊治療のひとつとして、代理母という手段が認められるべきか否か論じたいと思う。
     代理母の問題を語るにあたっては人工授精の代理母と体外受精の代理母の二つに分けて論じなければならない。本稿では人工授精の代理母に限定して手段が認められるべきか否か論じたいと思う。
     まず人工授精とは何かということから説明したい。人工授精とは男女の自然的結合によらずに、人工的に男性の精子を女性の体内に注入し、妊娠させる技術のことである。
     そして人工授精の代理母は、夫は正常な受精能力があるが、何らかの原因で妻が子を産めない体である場..

    コメント1件

    orangeyuzu 購入
    参考になりました。
    2007/01/17 0:21 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。