トヨタ生産方式について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,474
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    トヨタ生産方式とは何か
    目次
    1.トヨタ生産方式の目的
    2.ジャスト・イン・タイムとは
    3.ニンベンのある自働化とは
    4.まとめ
    参考文献
    トヨタ生産方式は、一朝一夕に出来上がったものではなく、長年の経営側と労働者、そしてサプライヤーまで、すべての分野にわたる一致した努力の結果生まれたものである。もともと先進国の中では最も後発であった日本の自動車産業は、欧米のように大量生産のための長大な生産ラインや巨大設備を投資する余裕はなく、限られた投資で最大限の効率と品質の向上をはかる必要があった。そのうえ、戦後日本の自動車市場は、成長する中にあって、メーカー間の競争と関連して、小型車中心といっても色々なバラエティのある市場であった。そこで、量産効果でコストを下げつつも、ムダな在庫を極力少なくし、それでいて多品種での生産システムは、短い生産ラインで相対的に少ない人員で生産性をあげ、フレキシブルな段取り替えや多品種少量生産ができる方式となる必要があった。
    その結果、日本の自動車工場では、現場の労働者の多能工化が進み、一人でいくつもの仕事を掛け持ちしたり、チームワークでお互いに協力して仕事を進め、現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。