警察予備隊の創設

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    警察予備隊の創設
    朝鮮戦争が勃発した直後の1950年(昭和25)7月8日、マッカーサー連合国最高司令官は、吉田茂首相に対して、7万5千人の国家警察予備隊の創設ならびに海上保安庁の人員を8千人増員することを指示した。当時、日本人の多くは、この警察予備隊は、まさに警察力を増強するものであろうと考えた。国内の治安維持のための警察力の不足が指摘されていたところに、日本に駐留していた米軍のほとんどが朝鮮に派遣されることになったからである。吉田も「警察力の不足を憂慮し、何らかの形でその充実を図る必要があることを痛感していたので、総司令官のこの指示に対しては、特別な関心を以てこれを迎えた。むしろ、絶好の機会であるとさえ考えた」(吉田茂『回想十年』第二巻)という。「朝鮮戦争のため前線に移動した米軍部隊の欠陥を補い、且つ当時の情勢として朝鮮以外の地区においても起り得る共産侵略の危機に備えて、国内治安維持の実力を強めんとするものと解された」(吉田茂『回想十年』第二巻)からである。当時、池田蔵相の秘書官をしていた宮澤喜一によれば、これを聞いて吉田は、「よかったね、よかったね」と池田に語っていたという(宮澤喜..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。