高齢化社会の問題と今後

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,116
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢化社会の問題と今後

     日本の平均寿命は、世界でもトップクラスで、2008年のデータでは、男性が79.29歳(前年79.19歳)、女性86.05歳(同85.99歳)と男女ともに延び、3年連続で過去最高を更新した。
    そうした中、高齢者が生き甲斐のある生活を送るには、どういう社会システムをつくるべきかが問われている。
     本稿では、現在の高齢化社会の問題を指摘したうえで、どうしていったらいいか解決策の提言をしていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢化社会の問題と今後
     日本の平均寿命は、世界でもトップクラスで、2008年のデータでは、男性が79.29歳(前年79.19歳)、女性86.05歳(同85.99歳)と男女ともに延び、3年連続で過去最高を更新した。
    そうした中、高齢者が生き甲斐のある生活を送るには、どういう社会システムをつくるべきかが問われている。
     本稿では、現在の高齢化社会の問題を指摘したうえで、どうしていったらいいか解決策の提言をしたいと思う。
     
     高齢化社会とは、65歳以上の高齢者人口が総人口に対して7%を超えた社会である。この状態になるには、医療技術の発達だけでなく、それを社会全体で利用できる経済発展が必要である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。