第一次世界大戦前の情勢と勃発

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数477
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目次
    1.国際的対立の激化
    2.バルカン問題
    3.バルカン戦争
    4.第一次世界大戦の勃発

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一次世界大戦前の情勢と勃発
    目次
    1.国際的対立の激化
    2.バルカン問題
    3.バルカン戦争
    4.第一次世界大戦の勃発
    1.国際的対立の激化
     ドイツ宰相ビスマルクは、フランスを孤立させるとともにドイツが国際紛争に巻き込まれないように、1879年オーストリアと同盟を結び、さらにイタリアも誘って1882年三国同盟を結んだ。
    その後1890年にビスマルクが引退してヴィルヘルム2世の親政が始まり、積極的な帝国主義政策を推進した。彼はロシアとの間の二重保障(再保障)条約の更新を拒否した。そこでロシアは91年に露仏同盟を結び、ドイツ・オーストリアに対抗した。
     またドイツは、バルカン半島から西アジア方面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。