日本の戦争の起源を探る

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数491
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. はじめに
     人を殺し文明を破壊する戦争は、おそらくその開始から平和と安定を乱す悪の概念として、戦争の当事者を含めて、指摘されてきた。19世紀から始まる資本制社会においては、人は戦争をなくすための戦争を行い、戦争を遂行するための科学技術が高度な産業社会を生み出し、仮想敵国を想定し戦争を前提とする国家総動員体制を準備するまでにエスカレートする。
     現在もなお戦争に終止符が打たれていないことは紛れもない事実であり、おそらく人類が存在する限り戦争は消滅することはなく、負の遺産として形を変えながら執拗につきまとうであろう。そして、依然として激しさを増す民族戦争、宗教戦争はとどまることを知らず、交通戦争、環境汚染、環境ホルモン問題など加害者を特定できない新型の戦争に直面しているのが、21世紀における人類を拘束する厳しい実情である。
     現在、外交における海外派遣問題など日本における戦争に対する枠組みがめまぐるしく変わりつつあり、「戦争」というテーマにもう一度目を向け直すべきだと思い、調べることにした。今回はどうして戦争が起こるのかという問いに答えるため日本における戦争の起源を探り、初期の戦争について調べていきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の戦争の起源を探る
      目次
    はじめに
    戦争の概念
    日本の戦争の起源はいつか
    おわりに
      
    はじめに
     人を殺し文明を破壊する戦争は、おそらくその開始から平和と安定を乱す悪の概念として、戦争の当事者を含めて、指摘されてきた。19世紀から始まる資本制社会においては、人は戦争をなくすための戦争を行い、戦争を遂行するための科学技術が高度な産業社会を生み出し、仮想敵国を想定し戦争を前提とする国家総動員体制を準備するまでにエスカレートする。
     現在もなお戦争に終止符が打たれていないことは紛れもない事実であり、おそらく人類が存在する限り戦争は消滅することはなく、負の遺産として形を変えながら執拗につきまとうであろう。そして、依然として激しさを増す民族戦争、宗教戦争はとどまることを知らず、交通戦争、環境汚染、環境ホルモン問題など加害者を特定できない新型の戦争に直面しているのが、21世紀における人類を拘束する厳しい実情である。
     現在、外交における海外派遣問題など日本における戦争に対する枠組みがめまぐるしく変わりつつあり、「戦争」というテーマにもう一度目を向け直すべきだと思い、調べることにした。今..

    コメント1件

    komekome 購入
    値段的にもおとくでした
    2006/02/02 23:13 (10年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。