明治期の文化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数315
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史日本文化学校政治文学科学思想芸術

    代表キーワード

    文化明治期の文化

    資料紹介

    明治期の文化

    目次
    明治期の思想
    明治期の科学
    明治期の文学
    明治期の芸術

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明治期の文化
    目次
    明治期の思想
    明治期の科学
    明治期の文学
    明治期の芸術
    明治期の思想
     明治20年代になると、鹿鳴館時代の欧化主義の反動として国粋主義的な思想が台頭した。三宅雪嶺らによって組織された政教社では、雑誌「日本人」が刊行され、いわゆる国粋保存主義が唱えられた。
    これに対し、徳富蘇峰は、民友社を設立し、民衆の立場から欧化・近代化を目指すべきであるとして平民主義を主張したが、時代の流れと共に国家主義へと転じていった。
    新聞「日本」を創刊した陸羯南は、国民主義を唱え、後に帝国主義を容認した。
    また雑誌「太陽」を創刊した高山樗牛は、日本主義を唱え、忠君愛国を説いた。
    明治期の科学
     明治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。