自動車産業における系列部品メーカーの役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,123
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自動車産業における系列部品メーカーの役割
     系列とは、「資本・人的関係」、「長期継続取引」、「緊密な情報共有」などを背景にした自動車メーカーと部品メーカーの双方にとって経済的かつ合理的な関係をいう。長期的な視野に立ち、設備投資や研究開発体制の強化に取り組むことで、弱体な部品メーカーからデザイン・インの関係を持つような強力な専業部品メーカーに成長し、結果、継続的な原価低減や品質向上が実現する。
     自動車は、約3万点の部品で構成されているが、その70~80%は部品メーカーから購入する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自動車産業における系列部品メーカーの役割
     系列とは、「資本・人的関係」、「長期継続取引」、「緊密な情報共有」などを背景にした自動車メーカーと部品メーカーの双方にとって経済的かつ合理的な関係をいう。長期的な視野に立ち、設備投資や研究開発体制の強化に取り組むことで、弱体な部品メーカーからデザイン・インの関係を持つような強力な専業部品メーカーに成長し、結果、継続的な原価低減や品質向上が実現する。
     自動車は、約3万点の部品で構成されているが、その70~80%は部品メーカーから購入する。自動車メーカーにとって、部品のコストや技術の改善力は重要なため、系列の解消が進み、欧米型調達システム(競争入札、単..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。