トヨタ生産方式の目指すもの

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,503
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    トヨタ生産方式の目指すもの
     日本を取り巻く環境は、少子高齢化、消費者ニーズの多様化、国内産業の空洞化、デフレの進行といった多くの課題があり、ますます厳しさを増している。
    そのような中で、限りある資源を有効活用して、地球環境に負荷を与える排出物をいかに最小限にするか、どのようにしてモノをつくっていくか、これが企業にとっての大きな課題となっている。
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    トヨタ生産方式の目指すもの
     日本を取り巻く環境は、少子高齢化、消費者ニーズの多様化、国内産業の空洞化、デフレの進行といった多くの課題があり、ますます厳しさを増している。
    そのような中で、限りある資源を有効活用して、地球環境に負荷を与える排出物をいかに最小限にするか、どのようにしてモノをつくっていくか、これが企業にとっての大きな課題となっている。
     大量生産方式は、どうしてもつくり過ぎにつながってしまう所がある。モノ不足の時代ならともかく多品種少量生産が当たり前の今日では、必要数を上回るロット生産は「つくり過ぎ」につながってしまう。つくり過ぎは、材料・部品を先食いし、電気や石油といったエネルギーを浪費する。スキッドやコンテナなどの容器の増加をまねき、倉庫などの増設も必要となる。必要以上つくっているため、売れ残ってしまえば、モノによっては産業廃棄物として処分するしかなくなる。いくらゼロエミッションを唱えても、口先だけで、自ら産業廃棄物を生み出すことなる。
     トヨタ生産方式は、「ジャスト・イン・タイム」と「自動化」と呼ばれる2本柱で構成されている。 ジャスト・イン・タイムとは、「必要なもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。