リーン生産方式と製品開発システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数759
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リーン生産方式と製品開発システム
     MITの研究では、リーン生産方式が日本の優位性を支える要因として、工場の生産システムとサプライヤーシステムの2つの要因だけでなく、もう1つ設計開発システムについても小数精鋭によるリードタイム(設計に着手してから試作車ができるまでの期間)の短縮によって実現されていることを指摘している。製品開発についての国際比較研究は、ハーヴァード・ビジネス・スクールのK・クラーク、藤本隆宏の両氏によって行われ、MITの研究の中にも取り入れられた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リーン生産方式と製品開発システム
     MITの研究では、リーン生産方式が日本の優位性を支える要因として、工場の生産システムとサプライヤーシステムの2つの要因だけでなく、もう1つ設計開発システムについても小数精鋭によるリードタイム(設計に着手してから試作車ができるまでの期間)の短縮によって実現されていることを指摘している。製品開発についての国際比較研究は、ハーヴァード・ビジネス・スクールのK・クラーク、藤本隆宏の両氏によって行われ、MITの研究の中にも取り入れられた。
     この研究によれば、フルモデルチェンジされる時の新車の開発期間は、欧米の自動車メーカーで大体60ヶ月かかるのに、日本の主要自動車メーカーでは、約46ヶ月とずっと短い。欧米とくにアメリカのメーカーは大型車中心で、日本は小型車中心ということはあっても、あまりにも開発期間が違いすぎる。開発期間が短いということは、トータルの開発にかかるコストや設計工数が削減されることを意味する。そして同時に、マーケティング的にみても新車投入が早く、市場の変化に敏速に対応できることを意味している。
     ではなぜ日本ではこのように開発のリードタイムが短い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。