リーン生産方式とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リーン生産方式とは何か

    日本車の競争力は、第二次石油危機と燃費規制の影響で、米国市場の需要が大型車から小型車へと激変したときの一時的な優位性だけでなく、1980年代を通じて強い競争力を維持したわけであるが、これはなぜ可能となったのか。
    当時、欧米の自動車メーカーは、その原因について色々な調査機関を使って調査し、学術研究も進められた。その代表的なものが、MIT(マサチューセッツ工科大学)の国際自動車共同研究である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リーン生産方式とは何か
    日本車の競争力は、第二次石油危機と燃費規制の影響で、米国市場の需要が大型車から小型車へと激変したときの一時的な優位性だけでなく、1980年代を通じて強い競争力を維持したわけであるが、これはなぜ可能となったのか。
    当時、欧米の自動車メーカーは、その原因について色々な調査機関を使って調査し、学術研究も進められた。その代表的なものが、MIT(マサチューセッツ工科大学)の国際自動車共同研究である。
    この研究では、日本の自動車産業の国際競争力の上昇は、単なる偶然や一時的なものでなく、日本の自動車産業が、それまでの欧米先進国の自動車産業の常識となっていたマスプロハイボリューム生産方式とは異なる、リーン生産方式を追求している点に大きな原因があるとしている。
    リーン生産方式とは、簡単に言うと、スリムでフレキシブルな生産方式を意味する。限られた設備をうまく使って工程や部品調達で極力ムダな在庫を持たず、市場のニーズの変化にうまく対応して、生産する車種や、同一モデルでも色々な仕様のバージョンをつくり分けられる生産方式を指している。
    リーン生産方式は、一朝一夕に出来上がったものではなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。