自動車の次世代技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数352
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自動車の次世代技術
     
    京都議定書は、米国の離脱や中国、インドなどCO2排出量の多い国に削減義務がないことから、実効性が低いといわれているが、地球温暖化防止への第一歩を踏み出したという点においては意義がある。
     自動車産業では、燃費の向上に積極的に取り組んでおり、「可変バルブ」や「無段変速機」などによるエンジン効率の向上や車両の軽量化など様々な技術を投入している。この結果、2010年度のCO2排出量2億5000万㌧の目標達成が視野に入っている。
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自動車の次世代技術
     
    京都議定書は、米国の離脱や中国、インドなどCO2排出量の多い国に削減義務がないことから、実効性が低いといわれているが、地球温暖化防止への第一歩を踏み出したという点においては意義がある。
     自動車産業では、燃費の向上に積極的に取り組んでおり、「可変バルブ」や「無段変速機」などによるエンジン効率の向上や車両の軽量化など様々な技術を投入している。この結果、2010年度のCO2排出量2億5000万㌧の目標達成が視野に入っている。
     だが、さらに厳しい排ガス規制が課される「ポスト京都」では、こうした燃費向上策の進化に加え、クリーン・エネルギー車が有効になると見られる。
     現在、世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。