管理会計

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数750
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    管理会計

     損益計算書(見積損益計算書)の利益を順に記すと、まず売上高から売上原価を控除して、売上総利益、さらに販売費及び一般管理費を控除して、営業利益を計算し、それに営業外収益と営業外費用を加減して経常利益、特別利益と特別損失を加減して、税引前当期純利益を計算する。ここから法人税などを控除して、当期純利益を計算する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    管理会計
    損益計算書(見積損益計算書)の利益を順に記すと、まず売上高から売上原価を控除して、売上総利益、さらに販売費及び一般管理費を控除して、営業利益を計算し、それに営業外収益と営業外費用を加減して経常利益、特別利益と特別損失を加減して、税引前当期純利益を計算する。ここから法人税などを控除して、当期純利益を計算する。
    <予算管理>
    予算管理において、総合予算とは、見積損益計算書・見積貸借対照表・見積キャッシュフロー計算書をいう。
    予算期間において、予算期間が1年の予算を年次予算といい、3ヶ月の予算は四半期予算という。
    予算の機能には、計画機能・調整機能・統制機能がある。
    そして、販売部門と製造部門とのように同じ組織階層間の調整を水平的調整といい、本社と事業部との調整のように異なる組織階層間の調整を垂直的調整という。
    また統制も予算期間が始まる前に行われる事前統制・予算期間内に行われる事中統制・予算期間後に行われる事後統制に分けられる。
    予算をその編成タイプで分類すると、トップマネジメントが全体予算を決めた後、各部門予算まで作成するトップダウン型(割当型)予算、部門予算原案は下位の各部門..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。