労務管理

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,431
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1) 労務管理の目的について
     労務管理の目的には三つの考え方がある。まず、労働力有効利用説である。これは、労働管理の目的は労働力をひとつの生産要素と見て、これの生産性を高めることにある。この場合労働者は労働力の所有者と見られる。次に、協力関係形成説がある。これは労務管理の目的を使用者と労働者間の協力関係の形成にあるとするものである。この場合、労働者は単なる労働力の担い手としてではなく、人格の所有者として見られる。最後に、批判的労務管理説がある。これは、マルクスの労働価値税に依拠して、労務管理の目的を最大利潤の獲得、余剰価値の生産あるとして、その半労働者的性格を暴露、批判するものである。
    2) 労務管理の理念の展開
     これには、まず専制的労務管理がある。これは傾斜がその地位に付随する権威を利用して、権力、強制などの方法で指監督するものである、これが典型的に見られたのは産業革命直後の数十年間である。極端な長時間労働、休憩時間の短さ、低賃金、生活条件の悪化がその特徴であった。
     恩恵的労務管理または父権的管理とは、専制的労務管理がムチによる管理と呼ばれるのに対して、アメによる管理と呼ばれる。つまり経営者が労働者に対して福利施設や作業条件の整備、金銭的助力を与え、その代わりに企業に対する忠誠を期待するものである。これが出てきた背景としては、労働力の枯渇や労働組合の普及、労働者の反抗などがあげられる。十九世紀中葉から第一次大戦までの時期に相当する。
     科学的労務管理とは、これまでの管理の特徴は成行管理という点にある。つまり出来高給制のしたでは出来高が増えれば賃金も多くはなるが、しかし、経営者は賃率を切り下げることによってこれに対抗しようとする。このため労働者は全能力を発揮せずに意識的に生産を抑えて組織的怠業を行うことになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労務管理について
    労務管理の目的について
    労務管理の目的には三つの考え方がある。まず、労働力有効利用説である。これは、労働管理の目的は労働力をひとつの生産要素と見て、これの生産性を高めることにある。この場合労働者は労働力の所有者と見られる。次に、協力関係形成説がある。これは労務管理の目的を使用者と労働者間の協力関係の形成にあるとするものである。この場合、労働者は単なる労働力の担い手としてではなく、人格の所有者として見られる。最後に、批判的労務管理説がある。これは、マルクスの労働価値税に依拠して、労務管理の目的を最大利潤の獲得、余剰価値の生産あるとして、その半労働者的性格を暴露、批判するものである。
    労務管理の理念の展開
        これには、まず専制的労務管理がある。これは傾斜がその地位に付随する権威を利用して、権力、強制などの方法で指監督するものである、これが典型的に見られたのは産業革命直後の数十年間である。極端な長時間労働、休憩時間の短さ、低賃金、生活条件の悪化がその特徴であった。
         恩恵的労務管理または父権的管理とは、専制的労務管理がムチによる管理と呼ばれるのに対して、アメに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。