FTAについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数577
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートFTA経済学中国韓国

    代表キーワード

    韓国経済学中国

    資料紹介

     日本が韓国、中国とFTAを結ぶメリットとして、まず、市場の拡大が挙げられる。これは、FTAを結ぶことにより関税が取り除かれるので、日本が相手国の市場に有利にアクセスができるようになる。そうすると、今まで相手国で関税をかけられて高値で売られていた日本の商品が、関税がないことで、日本国内で売られている値段で相手国で販売することができる。値段が下がると、買い手も増えるので、日本の商品が今まで以上に売れることを意味するのである。メキシコを例に取ってみると、メキシコはアメリカやEUとFTAを結んでいます。メキシコの年間の自動車販売量は100万台に上る。アメリカとの間に関税がかからないためアメリカ車はたくさん売れるが、日本との間には50%の関税がかかるため、アメリカとは勝負になりません。
     次に経済の活性化が期待されます。FTAを通じて安価で良質なモノ・サービスを輸入促進すれば、国内での企業間の競争が生まれるだろう。それが実現される結果、国内の構造改革を促すことができる。
     そして、相手国との間に関税という壁がなくなり、貿易しやすくなったことで、両国間がより親密になれるのではないかと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本が韓国、中国とFTAを結ぶメリットとして、まず、市場の拡大が挙げられる。これは、FTAを結ぶことにより関税が取り除かれるので、日本が相手国の市場に有利にアクセスができるようになる。そうすると、今まで相手国で関税をかけられて高値で売られていた日本の商品が、関税がないことで、日本国内で売られている値段で相手国で販売することができる。値段が下がると、買い手も増えるので、日本の商品が今まで以上に売れることを意味するのである。メキシコを例に取ってみると、メキシコはアメリカやEUとFTAを結んでいます。メキシコの年間の自動車販売量は100万台に上る。アメリカとの間に関税がかからないためアメリカ車はた..

    コメント2件

    mymy11o5 購入
    ポイントの割りにちょっと量が少ない・・・。
    でもまとまってて読みやすかったです。
    2006/07/30 16:18 (10年4ヶ月前)

    ai119tt223 購入
    FTAに関して初歩から始めるならお勧めです。
    2007/05/14 2:11 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。