抑うつとその対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,010
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ストレス社会といわれる現代において、最もかかりやすい心の病のひとつとして抑うつが挙げられる(坂本,1997)。抑うつは、我々の身近に存在しており、決して他人事ではない、精神的な病なのである。様々な調査では、うつ病の障害有病率はおよそ10%程度であり、10人に一人が一生のうち一回以上うつ病の診断基準を満たす状態になったことがあると言える(坂本,1998)そして、最近では、重篤な抑うつよりも、むしろ軽症の抑うつが増加していると言われており(笠原,1992)、通常の生活を送れないほどではない軽度の抑うつ状態で生活している人が少なからず存在すると考えられる。軽度の抑うつ状態も長期にわたると、重篤な抑うつとなる可能性があり、抑うつの予防・対策を怠ることは、我々の生活に大きく影響することになる。さらに、抑うつは青年期に通有し、青年期の抑うつは他の年齢層とは異なって、若者の実存を大きく揺り動かすと言われている(清水,1990)。
    坂本(1998)によると、抑うつには、(a)気分症状としての抑うつ、(b)症状のまとまりとしての抑うつ、(c)疾病単位としての抑うつという、3つの種類が存在する。(a)気分症状としての抑うつとは、滅入った、悲しくなった、憂うつになった、ふさぎ込んだ、落ち込んだなどの気分のことで、一時的な気分の変化から、2週間以上持続するものまで存在する。(b)症状のまとまりとしての抑うつとは、抑うつ気分と共に生じやすい症状の集まりのことで、抑うつ気分のほかにも、興味喪失、易疲労性、自信喪失、自責感、自殺企図あるいは自殺念慮、集中困難、精神運動性静止、食欲・体重の変化、性欲の減退、睡眠の変化、絶望感、心気的憂慮などが挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神医学レポート
    抑うつとその対策
     ストレス社会といわれる現代において、最もかかりやすい心の病のひとつとして抑うつが挙げられる(坂本,1997)。抑うつは、我々の身近に存在しており、決して他人事ではない、精神的な病なのである。様々な調査では、うつ病の障害有病率はおよそ10%程度であり、10人に一人が一生のうち一回以上うつ病の診断基準を満たす状態になったことがあると言える(坂本,1998)そして、最近では、重篤な抑うつよりも、むしろ軽症の抑うつが増加していると言われており(笠原,1992)、通常の生活を送れないほどではない軽度の抑うつ状態で生活している人が少なからず存在すると考えられる。軽度の抑うつ状態も長期にわたると、重篤な抑うつとなる可能性があり、抑うつの予防・対策を怠ることは、我々の生活に大きく影響することになる。さらに、抑うつは青年期に通有し、青年期の抑うつは他の年齢層とは異なって、若者の実存を大きく揺り動かすと言われている(清水,1990)。
    坂本(1998)によると、抑うつには、(a)気分症状としての抑うつ、(b)症状のまとまりとしての抑うつ、(c)疾病単位としての抑うつと..

    コメント2件

    玄侑 購入
    参考になりました。
    2006/07/15 12:45 (10年4ヶ月前)

    soa716 購入
     
    2007/11/01 17:31 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。