ボランティアをして考えたこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数506
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     ボランティアを何かやってみようということで、何かしたいけどボランティア団体などに問い合わせてみるのはちょっと気が重いなぁと思っていた。パレアのバランティアを紹介しているコーナーに行ったけれど、時間の都合が合わずやりたいことが見つからなかった。
     そんなときに、街を通っていると「献血にご協力下さい」という看板を見つけた。そういえば以前テレビのコマーシャルで、冬場は献血に協力をする人が少ない傾向にあるということを見た。私は献血をしようと思った。身近にあるものなのにボランティアだということに今まで気が付いていなかったように思う。私が献血をするのは今回で2回目である。最初に献血をしたときは、友人とずっといつかしたいねと言っていて、高校卒業を機にした。しかしその時、献血は初めてだったので、少し怖いと感じた。他の友人が献血をしていて、その針の跡を見せてもらったときに、その部分が青紫に変色していたからだ。でも実際献血をしてみると、痛いと聞いていた針もそこまで痛くもなく、献血を身近なものに感じた。だから今回の2回目では、何のためらいもなくすることができた。
     献血をしているときは、この自分の血が今後どこかで誰かの役に立つのかなと考えていた。献血で抜く血の量は、もちろん日常生活に不祥がない程度なので、今まで献血をしたことがない人もしてみてはどうかと思った。最近では献血ルームの雰囲気もそこで血を抜いているのか分からないほどまでに普通な感じであるので、献血をしに行きやすいと思う。
    ボランティアをする際、災害時のボランティアなどのように大きなことばかりを考えずに、まずはこの献血のような身近なものから体験していくのもいいと思った。考えてみると、公園でごみ拾いをしたり、高齢の方の買い物を代わりに引き受けたり、環境に優しい商品を買ったりすることもボランティアだと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ボランティアを何かやってみようということで、何かしたいけどボランティア団体などに問い合わせてみるのはちょっと気が重いなぁと思っていた。パレアのバランティアを紹介しているコーナーに行ったけれど、時間の都合が合わずやりたいことが見つからなかった。
    そんなときに、街を通っていると「献血にご協力下さい」という看板を見つけた。そういえば以前テレビのコマーシャルで、冬場は献血に協力をする人が少ない傾向にあるということを見た。私は献血をしようと思った。身近にあるものなのにボランティアだということに今まで気が付いていなかったように思う。私が献血をするのは今回で2回目である。最初に献血をしたときは、友人とずっといつかしたいねと言っていて、高校卒業を機にした。しかしその時、献血は初めてだったので、少し怖いと感じた。他の友人が献血をしていて、その針の跡を見せてもらったときに、その部分が青紫に変色していたからだ。でも実際献血をしてみると、痛いと聞いていた針もそこまで痛くもなく、献血を身近なものに感じた。だから今回の2回目では、何のためらいもなくすることができた。
    献血をしているときは、この自分の血が今後どこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。