行政権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数506
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    行政権

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政権の概念について

    憲法65条は「行政権は内閣に属する」と定め、73条にてその内閣の職務を列挙しているが、それとともに「他の一般行政事務」を行うとしている。この一般行政事務が何を意味するのか、特に「行政」という国家作用が何を意味するのかについて、憲法の明文の定めがないことから問題になる。

     それでは行政という国家作用は何を意味するのであろうか。形式的には、内閣以下の組織に憲法などによって割り当てられた3権(立法、司法、行政)のうちの一つであるが、実質的な意味での行政権の概念は何か。
     通説:行政権を「すべての国家作用から立法と司法を控除した残りである」とする(控除説)。根拠は、君主に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。